歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方紹介

歯ブラシ,選び方

 

歯ブラシの選び方を紹介してみます。

歯ブラシの選び方

歯ブラシ,選び方

 

歯ブラシを購入する際、セールしていたからと大きさなども確認せず購入したことはありませんか。実は、虫歯や歯周病を防ぐことは歯ブラシ選びから始まっているのです。選び方のポイントを押さえていきましょう。

 

【1.歯ブラシの毛の長さと細さはあっていますか】
歯を磨くときに気を付けなければいけない点が、歯ブラシの毛先が歯周ポケットに届いているかどうかという点です。歯周ポケットに毛先を入れるには、毛先が極細になっているタイプを選びましょう。

 

【2.口のサイズにあっていますか】
口の大きさは人それぞれです。口の小さい人が一般的なサイズを使っても奥歯まで届きません。コンパクトまたは超コンパクトサイズが適しています。

 

【3.ブラシの硬さは適していますか】
ブラシを長持ちさせたいからと硬めを安易に選ぶと、歯茎を傷め逆に歯周病の原因を作ってしまいます。逆に、柔らかすぎるとしなりすぎて毛先がポケットに入り込みません。適度な硬さを選ぶことも重要です。

 

【4.月に1度は歯ブラシ交換】
どんなに良い歯ブラシでも、何度も使うと毛先は広がります。広がれば歯の隙間には毛先が届かなくなるため、定期的に交換していきましょう。1ケ月に1度が目安です。

 

自分の口に合った歯ブラシで、虫歯や歯周病の無い美しい歯を保っていきましょう。

歯ブラシ硬さの選び方

歯ブラシ,選び方

 

歯ブラシ硬さで、柔らかめは毛先が柔らかいので歯や歯茎を傷める事がなくブラッシングが出来ます。歯茎が弱っている人や乳幼児や高齢者でも安心して使えて、歯茎の掃除や歯周病予防に特化した製品も多く柔らかい動物の毛で出来ています。

 

また毛先が柔らかく細いので、奥歯等の磨きにくい場所もブラッシングしやすいです。ただし柔らかく毛先が細いので、汚れを落とす力が弱く毛先も傷みやすいので歯ブラシの寿命が短いです。普通は大人から子供まで使えるようにバランス良く設計されているため、普段使いに最適です。

 

正しいブラッシングが出来ていれば普通の硬さの歯ブラシで問題なく汚れを落とせて、歯や歯茎を傷める事もないです。ほとんどメーカーが普通の硬さは作っているので、硬さ以外にでも種類が豊富にありヘッドの形状や毛先の形や材質等も自分に合ったものが選べるのが魅力です。

 

硬めは汚れを落とす力は強く清掃能力が高い特徴があり、歯の汚れだけではなくぬめり等も取り除けるので爽快感があるブラッシングが出来ます。また毛先が硬いので耐久性があり、毛先が傷んで開きにくく寿命が長いです。ただしその分、歯のエナメル質にダメージを与えたり、歯茎を傷付けたりしやすくなります。

電動歯ブラシを使うメリットとデメリット

歯ブラシ,選び方

 

電動歯ブラシを使うメリットとして、子供の場合は大人のように力がないため、ゆっくりと動かして使う電動歯ブラシは楽に使えます。また磨き残しが大人よりあるので、磨き残しが防げます。磨き残しを指摘してくれるアプリもあるので、このような電動歯ブラシを使うと磨きグセも早期に改善出来ます。

 

大人の場合は、忙しくて時間がない人には手磨きと比べると短時間で磨けるので利用する価値があります。また上手く利用出来れば歯垢を除去出来るので、虫歯や歯周病予防にも繋がります。高齢者の場合は、子供と同じように手をあまり動かさなくても自動で磨いてくれるので便利です。

 

爽快感も得られるので、気持ち良く磨けます。電動歯ブラシを使うデメリットは、子供の場合は少し重く刺激が強いです。電動歯ブラシでは歯垢を除去するには、大人でも間違いやすく難しいです。子供は電動歯ブラシの使い方が分かっていないと、磨き残しが出る可能性があります。

 

大人の場合も磨き残しが多く、手磨きと併用すると良いです。そのため、結果的には時短にはならない事もあります。振動が大きいので、煩わしいと感じる事もあります。高齢者の場合は、機械慣れしていない人が多いので、扱いが難しいかもしれません。

ブラッシングの最適な強さとは

歯ブラシ,選び方

 

歯磨きのポイントは、歯を多面体としてイメージをして、前歯は4面体で奥歯は5面体をイメージして、1面ずつ丁寧にゆっくりとブラッシングを行います。歯と歯茎の境目に毛先を直角に当てて、掻き出すようにブラッシングを行います。力を入れ過ぎると歯ブラシの毛先が広がるので、ゴシゴシではなくシャカシャカと軽くブラッシングを行います。

 

所でカシャカシャと軽くとはどれくらいの力加減であるのかは、手指を清潔に洗って自分の親指の先に歯ブラシの毛先を当てます。ピンク色の爪が全体的に白く変わるくらいの強さがブラッシングの目安です。ちなみに毛先の硬さが柔らかめのマスティック&アロマ専用歯ブラシでは、100グラムの強さになります。

 

この力加減で磨けるのかと思うが、実際に鏡で確認するとこの程度の強さでも歯ブラシを当てた場所で毛先がパラパラと軽やかに動いている様子が分かります。歯磨き前に、ブラッシングの強さをチェックすると良いです。強く押し当てて磨くと、歯ブラシの毛先が寝てしまい反対に汚れが上手く落ちなくなります。

 

強い刺激力で歯の表面のエナメル質を削ってしまうので、知覚過敏や歯茎が下がる原因になります。普通の歯ブラシであれば、200グラムくらいの圧で十分です。

ビエリデントアクアのお申込みはこちら!トップページへホワイトニングを行う時間もお金もない方、歯の黄ばみや口臭が気になる方は、トップページでビエリデントアクアの詳細をチェックしてみてください。